>

オプション付きの新築には一体どれくらいかかってしまうのか

どうしてもかかる工事費

新築の家を建てるわけですから、当然ながら工事費がかかってしまいます。

ですが、一口に工事費と言いましても、その分類も存在しています。

その一つが仮設工事や基礎工事、最後の仕上げ工事などの建築に関わる工事の費用のことです。
これを一般的には、本体工事費と呼んでいます。

もう一つが、付帯工事費というものです。
どんなものかあるのかと言いますと、水道やトイレを仮設する工事の費用や現場の管理費、地盤の調査費や屋外給排水工事、そして電気やガスの配置工事や産業廃棄物処理費などの家屋に付帯する各種の工事費を全てこう呼びます。

これらはその住宅会社にもよるのですが、平均的な価格としてローコスト住宅を売りにしている会社でしたら50万前後で、工務店でしたら60~70万、トップクラスのハウスメーカーとなりますと100万近くにはなるでしょう。

諸費用も忘れずに

工事費はどうしてもかかってしまうものですが、それ以外の諸費用も忘れてはいけません。

例えば、古い家屋を倒すのでしたらその解体工事費が必要になってきますし、その後の地盤補強工事費や外構工事費もかかってきます。
また、本管の引き込み工事費や照明やカーテンレールなどの設備工事費も含めてこれらを別途工事費と呼んでいます。

そしてもしローンを組んでの購入となりますと、団体信用生命保険や火災保険にも加入しないといけませんし保証料や融資事務手数料、司法書士さんへの支払いや抵当権設定登記費用や印紙代もかかってしまいます。

さらには、ご近所さんへのあいさつや大工さんへの差し入れ用の雑費、入居後の税金ももちろん必要になっていきます。


この記事をシェアする