>

新居が建ってから入居出来るまでの時間

一般的にはこれくらい

これから家を建てようとしている方に是非とも覚えていていただきたいのは、だいたい一般的な一戸建てを建てたらすぐには入居なんてほとんどありえません。

と言いますのも、出来上がったら一度立ち合いをして気になるところや直して欲しいところはないかというのをチェックします。
もしそういったところがありましたら、直ちに修正しないといけないのでまた時間がかかってしまいます。
立ち合いが終わったら、今度はプロの方にチェックしてもらい本当に完了しているかどうかというのを判断してもらいます。
そしてアフターメンテナンスの内容も確認して、そこから引越しの手配をして入居となります。

これらをトータルしてだいたい1~3ヶ月ほどと見てもいいでしょう。

長引く場合もある

前出のページでは、だいたい1~3ヶ月とお話しましたが、例外のパターンも存在しているというのも一応お伝えしておきます。

例えば、注文住宅のようにそもそも建てること自体にとてつもなく時間がかかってしまう場合は、当然ながら入居も遅くなってしまいます。
それ以外にも、リノベーションやオプション自体が山ほどある家も結構な時間を食ってしまうので、同様になっていきます。
また、建売住宅でまだ元の住民が住まわれているパターンのときももちろん時間がかかってしまいます。

これらのケースの場合は、短くてもだいたい半年くらい入居までかかると思っておくといいでしょう。

そして、こういったパターンで家を建てられたり購入される場合は、このくらいの時間がどうしてもかかってしまうということを覚悟しておきましょう。


この記事をシェアする